恩納村 ダイビングライセンス

低酸素症 / haypoxic(ハイポキシ)

通常のダイビングの場合はであれば、吸気酸素濃度が16%以上ある場合は低酸素症の影響はまずありません。

酸素割合が16%以下の空気を呼吸すると起こる症状です。

だいたいの場合がリブリーザー式潜水器などを使用するテクニカルダイビングで起こる場合が多いです。

通常のダイビングでの場合は、タンクのバルブを開け忘れ少し開いていて呼吸はできる、そういった場合に起こる確率が上がります。バルブはしっかり開けてください、それが予防策です。

次に急浮上した場合も低酸素症(ハイポキシ)は起こります。

1番多い原因は、ダイビング中呼吸を我慢するダイバーです、エアーの消費を押させたいと思い息を止めたダイビングをし続けていると起こりうる症状です。

また、激しい運動(息の切れるような激しいダイビング)をしているとなる場合もあります。

症状

前駆症状(兆候)なしに意識混濁状態陥り水中・水面で陥った場合は重大事故につながります。

軽度の低酸素症でしたら、血液中の赤血球が増加する為、心拍出量と心拍数が増加ししますすぐに回復すると言われていますがが、 脳に低酸素が生じた場合は呼吸機能が減退し神経の働きが鈍くなるなどの症状があらわれます

重症の場合は中枢神経に障害が発生し最悪の場合死亡と言う事態に陥ります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事