オランウータンクラブ
オランウータンクラブ

ミナミクモガニ(オランウータンクラブ)

ミナミクモガニ(オランウータンクラブ)
クモガニ上科/クモガニ属

オランウータンクラブ

オランウータンクラブ

トウアカクマノミ
分布
太平洋や東シナ海・インド洋、紅海などの広い地域に生息。
生態

固着性の刺胞動物(ミズタマサンゴやナガレハナサンゴ、)通称バブルコーラルの上に生息しています。

特徴

オランウータンクラブの愛称でダイバーに人気の小さなカニ、甲殻類です。
オランウータンの様に手足が長く、はさみ脚を左右にフリフリしています。毛もフサフサで見た目は小さなオランウータン。

毛に見えるものは、毛ではなく海藻を体に付着させてたもので、海藻に擬態しています。
手足を広げると最大で3センチ程の大きさです、通常は1センチ程の個体をよく見かけます。
危険を感じると丸まって、より海藻に擬態し危機を凌いでいます。

ミナミクモガ二と言う、正式名前が決まったのは最近で、ミナミクモガニと言う名前が決まるまではクモガニ属の1種として標記されていた。

その時の愛称・オランウータンクラブが広く知れ渡っている

撮影場所
沖縄本島 真栄田岬

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事